太陽光発電を始める時に注意したいことは?

太陽光発電を始める時に注意したいことは?

初期費用や維持費用がどのくらいになるか計算しよう

太陽光発電は一般家庭においても身近な発電方法の一つとして定着しつつあり、戸建て住宅の屋根にソーラーパネルをはじめとした専用の装置を設置して発電を始める人が年々増加しています。そうした中、経済的な面で負担なく太陽光発電を進めるには、初期費用だけでなく維持費用がどれくらいかかるか計算をしたうえで、必要な手続きを取ることがおすすめです。最近では、自治体の補助金の申請を行うことで初期費用を最小限に抑えることができたり、工務店との契約次第で発電装置の設置後のトラブルを無償で対応してもらったりすることも可能です。なお、ソーラーパネルの性能や枚数、設置方法によっては、通常よりも出費が大きくなることもあるため、気になることがあればすぐに専門の工務店に相談をすることが大事です。

不具合が生じた際にすぐ対応してくれる工務店を探そう

家庭用の太陽光発電に関する設備を良好な状態に保つためには、普段からこまめに点検をしたり、異常が発生した場合に部品交換をしたりすることが肝心です。地域に密着した工務店の中には、ソーラーパネルの設置工事だけでなく、アフターサポートまで徹底して対応しているところもあるため、妥協をせずに依頼先を決めることが大切です。また、工務店によっては発電装置に不具合が生じた場合にその日のうちに担当者が駆けつけてくれるところや、最良の解決法を提案してくれるところもあります。そこで、理想の時期に太陽光発電開始するうえで、早いうちからそれぞれの工務店のサポート対応をよく比較しておきましょう。

一般的な住宅の場合、太陽光発電の価格は130万円前後です。ただし、パネルの数や屋根の素材、形状などによって変動します。