営業代行でコストダウン?料金体系に気を付けよう

営業代行でコストダウン?料金体系に気を付けよう

営業代行の料金体系を知ろう

営業代行を利用するとコストアップになってしまうのではないかと不安になることがあります。しかし、料金体系を理解するとコストダウンを目指しつつ、営業のノウハウがあるプロに対応してもらえる状況を作り出すことが可能です。営業代行の料金体系は一般的に成果報酬型と定額制、この二つを組み合わせたパターンの三種類があります。

成果報酬型ではKPIを設けて数値的な変化に基づいて金額を決めるのが特徴です。成果が出なかったときには支払いがなく、成果があったときに支払うことになるのでコストダウンをしやすいでしょう。定額制の場合には成果が出なくても支払いが発生するので注意が必要です。両方を組み合わせたパターンも成果に依存せずに支払う金額があるため、優秀な営業代行に依頼できないとコストが上がる傾向があります。

コストダウンには何を依頼するかもポイント

コストダウンには成果報酬型の営業代行を選べば良いことがわかったでしょう。それと合わせて重要なのが依頼内容を吟味することです。営業代行に依頼する業務範囲が広いほどコストアップになります。ただ、数値目標を掲げてやり方を自由に任せるのも効果的で、営業のノウハウを持っているプロとして最善の方法を考えて営業活動を進めてくれます。依頼するときにどのような制限をかけるか、それによってコストが上下するのかを詳しく確認するのが重要です。コストダウンにつながらない束縛をすると営業代行を依頼した効果が下がることになるので注意しましょう。

一人前の営業マンを教育しようとするとどうしてもコストがかかりますが、営業代行を利用すればそのコストを削減できます。