社内で役立つタイムレコーダーを採用するには?

社内で役立つタイムレコーダーを採用するには?

スマホの利用者が多い職場ならアプリの導入もおすすめ

社内の従業員の出退勤の時刻を正確に把握したり、打刻忘れなどのトラブルを無くしたりするには、機能面や操作のしやすさなどにこだわってタイムレコーダーを導入するのが有効です。たとえば、スマホの利用者が多い職場であれば、従来型の職場に設置をするタイプのものではなく、タイムレコーダーアプリの利用を検討するのも良いでしょう。最近では、月々数千円からダウンロードが可能なタイムレコーダーアプリも続々と登場しており、経費削減や業務負担の軽減など様々な観点から多くの企業内でニーズが高まりつつあります。なお、初めて社内にタイムレコーダーアプリを採用する際は、正しい操作の仕方について人事や総務の担当者が中心となって社員に向けて研修を行うことも大切です。

クラウドシステムの導入時は提供元のサービスに注目

タイムレコーダーの機能が備わっているクラウド型の勤怠管理システムは、社員数が多く社内に様々な部署がある大企業を中心に普及し始めています。こうしたシステムを上手く活用するには、導入前に提供元の顧客向けのサービスの内容についてよく調べておくことが大事です。法人用のクラウド型の勤怠管理システムの開発実績が豊富な企業の中には、システムエラーの際のトラブルシューティングに速やかに対応したり、ベテランの営業担当者が無料で導入に関する相談に乗っているところも少なくありません。そこで、システムの導入後に悩まないためにも、信頼できる複数の企業が提供しているシステムの特徴や、顧客の満足度について比較をすることが重要です。

最近のタイムレコーダーは、自動で出勤日数や時間を集計できるだけでなく、顔認証などまでできるものがあります。